2015年9月23日水曜日

アルインコ製エアロバイクのサドルを(無理やり)交換したメモ

アルインコ製エアロバイク(FB6010)を2年前に購入したのだが稼働率が非常に悪い

もう型落ちなので後継機が出ているはず

原因は明確でサドルの異常な形状とデカさにある

どうやって使えというのだろう

googleで『アルインコ サドル』と入力するとサジェストで『痛い』『交換』が候補に出てくるほど
サドルは独自の形状なので市販品と交換することもできない

以下は無理やりサドルを交換してみたメモ


必要なもの:

 ・交換するサドル
 ・結束バンド
 ・ソフトワイヤー
  ダイソーで購入
  軟質のワイヤーをスポンジ素材で包んだ製品
  適当な緩衝材ならなんでもよい
 ・13mmのレンチ
  段差があるのでL型レンチがよい

 サドル以外は全部100円ショップで入手可能

ソフトワイヤー/何に使うにも便利

作業手順:
 
 1.サドルの取り外し
  エアロバイクからサドルを取り外す
  まず前後にスライドする部分ごと外すと作業が楽になる

スライド部分ごと外した状態/独自のサドル固定方法がわかる

  サドルは13mmのナットで固定されている
  3箇所全部外す

ナットを外すとこうなる

 2.交換するサドルの加工
  サドルの金具部分にソフトワイヤーを巻きつける
  
使用したサドル/サイクルベースあさひにて購入
裏側の金具にぐるぐる巻きにする
 
 3.サドルの固定
  サドルの取付金具の穴を使ってサドルを結束バンドで固定する
  使っているうちに緩衝材が潰れて緩んでくる
  増し締めできるようにバンドの余り部分を切除せずそのままにしておくこと

一箇所につき2本で固定/すぐに緩んでくるので余りは切らずにそのまま

かなり心もとない固定であるがエアロバイク用なのでこれで良しとする
使っているうちにどんどん緩んでくるので結束バンドを適宜増し締めすること
そのうち緩衝材や結束バンドが千切れてくるのでその時は交換すること
(材料費が安いのでこの運用とする)

0 件のコメント:

コメントを投稿