2017年9月8日金曜日

ポケモンGOPlusをエネループで動かす:改修編

落下によるショートで故障したGOPlusエネループ仕様の修理、改修をおこなった

破損個所

・ケースの変形
・電池端子の破損
・単4充電池(→廃棄)
・GOPlus本体は異常なし

ケース変形により電池がセットできない状態
電池の端子には破損した電池からの噴出物?が付着

ポケットで溶けてたら…と思うとゾッとする
端子のズレが酷い

改修内容

・切削によるケースの成形
 ・電池端子の交換
 ・電池のキャッチ機構の追加
 ・電池端子のセパレート機構の追加

 ホットボンドで電池のキャッチを追加した
 食いつきを良くするため、キャッチの場所にφ3mmで浅く穿孔した

 ショートしないように+端子と-端子の間にホットボンドで山を作った

見栄えは良くない
がっちりとキャッチ/-端子も分離されている

参考:電池BOX内蔵ケース

今回は使用しなかったが、市販のケースを使えばもっと安全に作ることができる

以下はタカチの単4x2電池BOX付きケース
今回の用途にはやや大きかったので使わなかった

安心のタカチ製
ケースはビス止め/電池ブタが独立しているのは良い
サイズ感/長さをツメるのはやや骨か

ショートしてあやうく大惨事のメモ

約8か月使用していたエネループ仕様の改造ポケモンGOPlusが故障した
以下はそのメモ
ケースが溶けて歪んでいることが分かる

故障内容

単4充電池の発熱で手作り筐体が変形
使用した充電池死亡
GoPlus側は無事でボタン電池での動作確認済

故障原因

落下によって筐体内エネループのポジションがズレてしまい、ショートが発生

以下がショートを誘発した原因
・長期の使用で手作り電池端子が歪んでクリアランスが減少
・筐体のフタを押さえる両面テープの粘着力が失われていた
・スペーサーの樹脂テープが反復使用で圧縮され、電池をホールドする力が減少

端子が斜めにズレてしまっている/表面の汚れは電池からの噴出物か

ショート発生時の詳細

机の上から床に改造GoPlusが落下した
ネジが無い側のフタが浮き、内部の電池が上側にずれたのを確認
フタを押して電池を押し下げ、筐体内部のGoPlus本体が通電したことをLEDで確認
数分後?にケトルで湯が沸いたような音に気付く
音源が改造GoPlusであり、内部が発熱していることを確認
ネジを外して発熱源であった電池を除去

+側の端子/被膜が溶けてしまっている
全体の被膜が変質している/電池全体が発熱したことが分かる

反省点

手作り電池BOX部分が明らかに不出来
電池のホールドを樹脂テープの弾性と両面テープによるフタの固定に頼っていた
反復使用と経時によって両方のホールド力が失われることに気付けなかった
電池のセパレータなどホールド力を増す施策が必要

出先のポケットの中で発熱/発火しなかったのが僥倖
バッテリーを扱う危険性を思い知った

2017年8月23日水曜日

位置偽装が機能しなくなった場合のメモ

一旦構築した外部機器を用いたスマホの位置偽装が機能しなくなる場合がある
以下はそのメモ

ある日急に動かなくなるお約束


ハードウェア要因によるもの

長時間の連続動作で無線LANモジュールがいつの間にか死亡する場合がある
偽装に用いるモジュールが減ると偽装の成功率がグッと下がる
動作確認用のLED等を用いると気づきやすい

死んだモジュールの交換で復旧可能

偽装先の環境変更によるもの

偽装先の無線AP環境が変化してしまった場合は当然ながら失敗する

最新の環境に応じたMACアドレスに更新する必要がある

位置情報データベースの変更によるもの

偽装した情報が位置情報データベースに反映されてしまう場合がある

例:京都タワーで東京タワーの位置を偽装していたとする
  偽装に用いた無線APの電波を第三者のスマホが拾ってしまった
  第三者が位置情報データベースにアクセスした際にその情報が反映
  偽装したAPは以後、京都タワーの位置と結び付けられる
  これまで動作していた位置偽装は機能しなくなる

無線LANモジュールの電波が強すぎたり、長時間の偽装によって発生する
偽装していない状態でデータベースが再度更新されるのを待つしかない
いつまでも更新されない場合はそれまでのデータを諦めるしかない