2018年4月6日金曜日

M5StackがAmazon取り扱い開始

スイッチサイエンス取り扱いのM5StackがAmazonで販売開始
これまではプレ値で出品されていたのでようやく普通に買えるようになった
ルックスはいいと思う

M5Stackとは

ESP32 + 3ボタン + microSDカードスロット + LCD + スピーカー + バッテリー + USBシリアル変換

公式サイト

以上の機能がコンパクトなケースにまとめられている製品
ArduinoのShieldのように亀の子構造で拡張(スタック)できるのが特徴

M5Stackの長所

・予めケースインされているところ
むき出しの基板をケースに収めるのは毎回四苦八苦させられる
ここが省略できるのは大きい

・バッテリー内蔵であること
これも敷居が高い要素
充電用のICもバッテリーも内蔵されている

M5Stackの短所

・使用済ポートが多いこと
予めマウント済のパーツが多いため相応のポートが既に使用されている
ポート数が必要なプロジェクトには不向き

・スタートアップ品質であること
樹脂筐体の抜きや部品マウントの精度は相応
購入した手元の製品では
 ・SDカードスロットがやや曲がっている
 ・裏蓋のネジ穴の位置精度が悪く、無理やり基板をネジ止めしたことでクラック発生
 ・Facesモデルのキーボードモジュールのかみ合わせが悪く隙間ができている
左端中央あたりからクラックが確認できる
内部で何かが干渉してピッタリ閉じない

注意点いろいろ

M5Stack FacesモデルにはBASIC版の裏蓋が付属していない
 キーボードを外してGRAYバージョンとして使用はできない
 別売り裏蓋も無し

・GPSモジュールには内蔵アンテナが無い
 付属の外部アンテナを使う構成

・電源投入時のノイズをスピーカーが拾うときがある(プツン音)

・寸法上I2CコネクタにUSBケーブルが誤挿入可能
 ショートの恐れがあるので注意したい

・USB接続時にパワーボタン二度押し操作ができない(再起動する)
 3ボタンのどれかからAPIの電源オフ関数を呼ぶといい

・LCDはSPI接続なので相応の反応速度


2018年3月6日火曜日

レガシー環境の移行に手こずった話

テスト治具環境が構築されていたWindowsXP PCがお亡くなりに
余っていたVista PCに環境を移行していたのだが酷く手間取ってしまったお話

インストーラーは無く、生のままの.exeと設定ファイルがあるだけなのでそのままコピー
フォルダ等も元通りに再現したのだが処理に失敗してしまう

原因は処理中のテンポラリファイルの出力先がルートフォルダに指定されていたため
Vistaはこれを許さないらしい
治具ソフトもシステムもエラーを表示してくれなかったので手間取ってしまった
設定ファイルで出力フォルダが指定できたため、ルート以外に指定して解決

2018年2月2日金曜日

忘れかけた頃にtoioが届いた話

佐川の兄貴からデカい段ボールを受け取る
開けてみるとすっかり注文したことを忘れていたtoioであった
買ったのはtoio本体とトイオコレクション


toioとは

SONYが発売したトイ・プラットホーム
様々なセンサと1対の動輪を持つコアキューブと操作用のリングから成る
ターゲットは6歳以上

トイ・プラットホーム(toio本体)同梱物

コンソール(本体)、コアキューブx2、リングx2、ACアダプタ
コンソールはコアキューブの充電台を兼ねる
カートリッジは同梱されていないので基本セットだけでは何も動かない
フリームーブ(後述)位は動いても良かったか



トイオコレクション同梱物

5つのゲームがプレイできるセット
カートリッジ、おはじき、各種シール、各種カード、マットx2その他いろいろ
ゲームの大半は2人用なので注意されたい



以下はゲーム紹介

クラフトファイター(2人用)

各プレーヤーがマット上のコアキューブをリングで操作する
体当たりの攻撃で相手をマットの外に押し出したら勝ち
コアキューブはレゴやペーパークラフトでデコレーションできる

ただのリモコン相撲じゃないか!と思いきやその実テクノロジーの塊である
特徴は以下

・自発的にリングアウトできない
 マットから出ようとすると動きが止まる
 コアキューブがマットの枠を認識できている、ということ

・相手の攻撃がヒットするとノックバックする
 コアキューブは攻撃されると後ろに吹き飛ぶ
 (自分でバックする)
 攻撃の判定は何でやっているかは不明
 外力には反応しないからキューブ間の座標か?

・相手のコアキューブの方向に自動で旋回できる
 旋回ボタンを押すと相手の方向に旋回する
 システムがコアキューブの位置と方向を把握している、ということ

・必殺技の選択ができる
 ボタンを押すとあらかじめ選択した必殺技が出る
 (連続アタック、ランダムアタックなどプリセットされた動きを行う)
 必殺技はカードをコアキューブ底面のスキャナで読ませることで選択

リズム&ゴー(1人用)

マス目に色が塗られたマットを用いる
コアキューブを車と模して、音声で指定された色のマスを車が通過するように操作する

操作はもう一方のコアキューブで行う
操作カードをコアキューブの底面のスキャナで読み取り、最大6ステップの操作を一度に先行入力する

これが一番知育玩具っぽい
動きを読み上げるお姉さんの声がユーモラスで楽しい
どんどんレベルアップするので高レベルは大人でも失敗するくらい

スカンクチェイサー(2人用)

各プレーヤーがマット上のコアキューブをリングで操作する
コアキューブにはスカンクのシートがセットされる
相手の尻尾を踏んだら勝ち
後方に対しておならで攻撃できる
おならを食らった相手は一定時間行動不能

スカンクの尻尾は飾りで読み取りは行っていない
たぶんキューブ間の座標で当たり判定をしている

フィンガーストライク(1~2人用)

マットの両端がそれぞれのプレーヤーの陣地となる
2つのコアキューブは両端めがけて突っ込んでくる
コアキューブに侵攻された方の負け

プレーヤーが使えるのはおはじきのみ
おはじきがヒットしたコアキューブは方向転換するため、相手への攻撃となる
おはじきの検知は振動センサか?

1人用モードがあり壁打ちもできる

フリームーブ(1~2人用)

マットを無視してコアキューブを自由に動かすことができる
アクションシール上を通過するとシールにかかれた動作を行う
(スピードアップ/ダウン/ランダムウォークなど)

コアキューブはクラフトファイター同様にデコレーション可能

総評

トイオコレクションでtoioの出来ることがだいたいわかる
面白いけどお高いおもちゃだな!という感じ

また、操作デモ+α程度の内容なのでこれ買ったらあとは何も要らない!って訳でもない
他のセットも試してみたいところだがいかんせんまだ本発売前なので入手不可

コアキューブはBluetoothだから解析されたら面白そう
早くハックされないかな…ダメかな…